帰ってきたEOS RP

2021年12月11日

約1年で戻って来た。

EOS RP。
EOS R SYSTEMの中で最軽量のモデルです! 最初に手に入れて公開したのは2020年4月26日の事でしたね~
その時は高倍率ズームが入ったレンズキットでしたが、今はもう販売していません。


今回は中古品を購入しました。バッテリー(LP-E17)・充電器・取扱説明書は入っていましたがストラップのみ欠品。
勿論箱もありません。

現行のキットレンズでもあるRF24-105mm F4-7.1 IS STMを装着。
RF35mm並に軽量設計なので街歩きスナップなどには丁度良いサイズ。最初に購入したときのRF24-240mmは予想に反して重かったですからね~
EOS RP本体よりレンズが重いという「フロントヘビー」感がありましたね😅

 

正面より。RPのズームレンズはこの位が丁度良いのかも。

 

RP再導入に合わせ、新しい単焦点レンズを迎え入れました!

RF50mm F1.8 STM!
「EF50mm F1.8 STM」のRFマウント版になります。安価で入手出来る「撒き餌レンズ」の1つですが価格はEF版よりやや高め。

 

フード(ES-65B)を装着。
EF版のフード(ES-68)より直径を小さくしているのですっきりした印象に。 ES-68が大きすぎるだけなのよね・・・

 

EOS RPに装着。
取り付けてみて一瞬「おっ!?」って思いましたね。標準単焦点レンズにしては非常にコンパクトに収まっている感じです。
レンズ自体に手ブレ補正がないのでRとRPは手ブレに気を付けないといけませんが、R5とR6はボディ内手ブレ補正が搭載しているので気にせず撮影出来ます。

 

正面から。絞り羽根見えていますね(笑

 

こちらの撮影試験レポートをnoteにてご紹介していますので、購入検討の方は是非ご覧くださいませ。
(2021/12/11公開)

 

今回の機材導入に合わせ、EOS M6 Mark IIを含むEF-Mマウント一式を売却しました。
どうしてもマウントを合わせる必要があったのでね。EF-Mマウントもこの先どうなることやら・・・。