80Dと90D

新年初の記事はこちらから。
今回はビックカメラの福箱で入手したEOS 80Dと既に持っているEOS 90Dを比較!

まずは80D本体から。

ブログの方でも言いましたが、これ何と「カムバック」なんですね・・・。
詳しい内容はブログにて。


では早速比較していきましょう!

まずは正面から。
見た目は殆ど分かりにくいですが、80Dの方がペンタ部が出っ張っている。

背面。
大きな違いは「マルチコントローラー」の有無。APS-C機ではEOS 7Dシリーズのみに採用されていましたが、2桁Dでは90Dが初採用。
液晶画面を開ける際に指を引っかけるくぼみも変わっています。(80D:右、90D:上)

軍艦部。ここは大きな変化はありませんがモードダイヤルの項目に変化が生じています。
80Dでは12項目あったものの、90Dでは10項目に減らされました。

その他の違いとして、

  • 画素数(80D:2420万画素、90D:3250万画素)
  • 本体の重さ(80D:730g、90D:701g)
  • 連写性能(80D:7コマ/秒、90D:10コマ/秒)
  • 内蔵ストロボのポップアップのさせ方(80D:電源ONにしないと起動不可、90D:電源OFFでもボタンを押すと開けられる)

これ以外に久しぶりに80Dを持ってみて気づいた点として、「ちょっと重いな」と感じました。
90Dになって軽量化したことを考えると、ミラーレス機の特徴を踏まえた設計になったのでしょう。

さて、このEOS 80Dですが、今現在あることを進行中です。
ヒントとしては「コンパクト」。さて80Dはどうなる?