9/23 雑記 ~「コロナ時代の新マナー」にぶっ込む~

今日は気になったツイートから下記の内容を。

9月22日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」にて下記内容が放送されました。

「コロナ時代の新マナー」

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ為の新しいマナーを取り上げていたようです。
(管理人は生で見ていませんが、ツイートでこの内容を知りました)
内容は以下の通り。

  • 行列時の新マナー
  • エレベーターでの新マナー
  • SNSの新マナー

上記3つを取り上げていました。

今回はこの3つに対して管理人の見解をぶっ込んでいきたいと思います。

項目と内容 管理人の見解
【行列時のマナー】
ソーシャルディスタンスを保つことが難しければ話をしない なるべく後ろを振り向かない
飛沫に当たるとは言えどもすぐに症状が発生するわけではない。そもそも日本では「ソーシャルディスタンスの確保」や「話をしない」「後ろを振り向かない」は強制されていない。
1人であればまだしも、お子様連れの場合ともなれば子供が突然列から離れた際迷子に繋がる恐れがある。
【エレベーターでのマナー】
乗っている間は壁を向いて立つ 人が多く壁を向けない場合は次に乗る
壁側を向いて立ってもウイルス感染を減らす事は不可能。また壁に向かって立つことで逆に犯罪(スリ等)に遭われる危険性が増す。
【SNSのマナー】
旅行時の投稿は「楽しい」アピールだけではなく 施設の感染対策などを伝える
施設の感染対策を伝えること自体が余計。感染対策関係は施設側で考えることである。感染対策に疑問を持っている人もいるので、個人で伝える事はかえって逆効果をもたらす結果に繋がる事がある。
また、自粛などで観光地が廃れてきている世の中となっているので、現時点では感染対策よりも「楽しい」アピールをする事で経済効果をプラスへ持っていく事が最善。

3つぶっ込ませていただきました。

結果を言いますと、3つの項目は全て不合格
基本的なマナーと感染対策は全くの別物です。マナーはマナー、感染対策は感染対策、と切り分けないと人間性を崩壊させてしまいます。
以前の雑記でも申し上げましたが「どれを取ってもリスクは生じる」ので、ゼロリスク思考や感染を怖がっている方は今すぐに考え直すべきでしょう。

私からは上記のマナーに対してこのように修正させていただきます。

項目と内容(修正版{訂正箇所は空色}) 管理人の見解
【行列時のマナー】
長時間整列するようであれば整列しない
リスクを回避するのであればそもそも整列しないことが望ましい。
仮に夏の時期ともなれば熱中症に繋がる事もある。
【エレベーターでのマナー】
乗っている間は通常通りでOK 人が多いと思った場合は次に乗る
感染よりも犯罪対策に重点を置いた。人が多いな・・・と思った場合に次のエレベーターに乗る方が最善である。
【SNSのマナー】
旅行時の投稿は「楽しい」アピールを伝える
感染対策より経済を回復させることを優先した。
ただし、立入禁止・撮影禁止区域での撮影を投稿するなどと言った行為は罰せられるのでご注意。

過剰なマナーを「マナー」とする世の中にしてはなりません。
「マナー」の基本は潰さないで欲しいと思います。皆さんも出鱈目なマナーにはご注意を。

ではまた。